新金融体制を見据えた治験ターゲットに設定された国

ひとこと

こんにちは、デデです。

 

ツイートの文章を紹介します。引用先はManekinekoさんです。

上記ツイートの内容

日本の人達があまりにも無知で、量子金融システムとは何かや
コロナ茶番の裏でやってた金融戦争について
ちゃんと理解出来てなさすぎるので、正確な情報を教えてあげたい

Twitter見てると海外の人達との差が凄すぎる。。。
Twitter上で間違った情報ばっかりで言い合ってる😂🤣

コロナ茶番の裏でやってたのは金融戦争 
中央銀行を手にしているDSと中央銀行を国に戻そうとするトランプ達 
金の裏付けのないただの紙切れの嘘のお金で経済を常に不安定にさせ
借金ベースの金融システムを作りあげ、一般人は一生かけてローン返済

トランプは中央銀行をUS Treasuryに戻す事に成功したと言われてる
DSもトランプもどちらもデジタル通貨発行する予定だけど目的が違う

DSはワクチンにチップ入れてSocial scoreで
国民のお金管理と同時に経済崩壊させて中間層をEliminate
完全な共産党管理社会
(US Treasury・・・米財務省)
(Social score・・・社会信用システム)
(Eliminate・・・省く、取り除く)

トランプ側は金本位制にしてデジタル通貨発行 
全てのお金に金の裏付けをして安定した金融システムへ 
量子金融システムで透明性のある誰も不正出来ない金融システムへ移行
量子金融システムはDistributed ledger technology 使用
(Distributed ledger technology・・・分散型台帳技術)

ここで大事な事 
量子金融システムとは簡単に言うと何か
それはSWIFTが変わる事
現在の送金サービスは40年以上も前に作られたSWIFTシステムを使ってる 
メールや情報は一瞬で無料で世界中とシェア出来るのに
海外送金に高い手数料と何日もかかるのおかしいですよね?この時代に
(SWIFT・・・国際銀行間金融通信協会)

何故そんな事してるか 
それはCiti Bankを含めて主に3つの悪の銀行が自分達が儲ける為に
ずっとやってるんですね 
でもこの送金サービスが新しく変わります 
SWIFTはISO compliance 20022 の仮想通貨を使います 
それはDistributed ledger technology=量子金融システムなんです

新しい金融システムになるべく、現在の金融システムは崩壊します
もうアメリカのハイパーインフレを見てればわかる通り$が崩壊します
でもそれでいいんです!$がいつまでも世界基軸通貨であると、
このManipulation は終わりません
(Manipulation・・・操る、コントロールする
)

トランプもずっとlevel playing field の大切さを訴えていましたよね?
XRPが世界基軸通貨になって新しい金融システムは全てがデジタル化 
不動産、Commodity、債券などあらゆるものがXRP上でRunします
(level playing field・・・公平な条件、均等な機会)
(XRP・・・仮想通貨リップル)

量子金融システムと言われている金融システムに
DefiのFlare Financeがあります 
もうテストネットは始まっていて、本番は4月以降にローンチ予定です 
テストネットのプラットフォームで既に沢山の人達が
Passive income を得ています

私もやってます🙋🏻‍♀️
(Defi・・・分散型金融)
(Flare Finance・・・フレアファイナンス)
(Passive income・・・不労所得)

トランプをサポートしてる人達はQやQ mapを良く知ってると思いますが、Q mapは政治版だとすれば金融版も存在します 
幾つかのRiddlers がTwitter上にいて、
XRPでSWIFTが変わるってメッセージを色々ツイートしてます
(Riddlers・・・謎かけ人)

Flare financeの公式動画にもトランプの名前が一瞬出てきたり、
公式がQFSというコメントにLikeして認めています

ザクッと説明したけど、これらの情報は全部が自分でリサーチすれば
Validateできます 
DYOR
何故なら、これは人生に一度あるかないかの
greatest wealth transfer だから。
こんなチャンス二度とない。
Time is running out too
(Validate・・・立証する、実証する)
(DYOR・・・Do Your Own Research)

 

このツイートにコロナ茶番の裏で行われている金融戦争の概要が書いてあります。

 

それにしてもデジタル通貨とはいえ、金融の新運用方法としてわれわれの体内に
マイクロチップを埋め込むのは誰でもイヤでしょう。

 

マイクロチップが埋め込まれると、おそらく国際金融資本(DS)管理下の政府に
各個人の顔認証、銀行などの金融データが管理されることになるからです。
するとわれわれの衣食住がいつでもチェックされて、DSの都合のいいように
大衆の生活が制限されてしまうことになるでしょう。

DSは「予防接種と称したマイクロチップ注入」を狙ってくるはずなので、
何度も何度もしつこくわれわれに予防接種をさせて慣れさせようとする
DS政府の傀儡ぶりに気づきましょう。

 

わが国のメディアがいつも予防注射を呼びかけて打たそうとするのは
DSの世界経済フォーラム(World Economic Forum)のアジェンダで決定された
未来の金融体制でどうしてもマイクロチップ注入が必要になっているからです。

 

ちなみに
世界がコロナ茶番に気づいて終了し、もうコロナが昔話になっている現在、
わが国はDSに目をつけられて予防接種治験のターゲット国と設定されたようです。

そのため、わが国では今後も引き続きDSが目指す金融体制構築に向けて
シナリオ通りのパンデミックに予防注射の宣伝・広告が継続するはずです。

 

これほどまでにわが国だけ茶番を継続し、マスクを外させないようにして
DSの金融体制であるマイクロチップ注入の実験を目指そうとするのですから
治験のターゲット国と言われてもなんとなくわかるのですね。

 

そうならないように願はくは、上記ツイートのように明るい未来に向かってSWIFTの終焉を迎えられるといいですね。

 

近未来の金融体制は素晴らしいものを期待したいところですが、
デジタル通貨の弱点は何と言っても「停電」ですから
DSが存在する限りは節電とか電力不足とかで邪魔をしてくるでしょう。
その打開策として

宇宙からのインターネットや地上における停電知らずのフリーエネルギー

がお目見えするか、楽しみです。